留学前の準備

荷づくりについて

留学をする際には、必要なものがたくさんありますので、荷づくりが重要となります。

 

海外生活を不安に感じて、余計なものまで持って行ってしまうという人もいるかもしれません。

 

しかしながら、必要最低限のものだけをコンパクトにまとめるのが賢い荷づくりのコツといえます。

 

スーツケースに詰め込み過ぎると航空チェックインの際に多額の超過料金を支払うか、なくなく荷物を減らして実家や現地などに郵送することになるでしょう。

 

そうならないためにも、現地でも調達できるようなものは極力省いて、手に入りにくいものや値段の張りそうなものをセレクトすることをお勧めします。

 

留学先に荷物を持っていく方法には、飛行機で直接荷物を持っていく方法と、日本から送る方法があります。

 

渡航後の予定などを検討しながら、これらのどちらの方法で持っていくのかということを考えていきましょう。

 

直接持ち込む方法ですが、これは、飛行機内の客席に直接持ち込む機内持ち込み手荷物と、チェックインの際に預ける受託航空手荷物があります。

 

機内持ち込み手荷物は、乗客一人当たり中型バッグ一個となっていますので、少しだけとなります。
そのため、本当に重要なものから順番にこれで運ぶとよいでしょう。

 

具体的にはパスポートや現金などの貴重品、割れものやパソコンや携帯電話などです。

 

受託航空手荷物は飛行機から降りてからすぐ受け取ることが出来ますので、現地に到着してからすぐに必要となるものを持っていくことをお勧めします。

 

優先順位をつけることで、どのようにして運ぶのが良いのかということがわかりやすくなりますので、何が一番必要なのかということをはっきりとさせておきましょう。
"高校留学ならアルファ留学アカデミーも力強い味方になってくれることでしょう。

申し込みから出発までのスケジュール

学校や留学エージェントでのコースの申し込みを終えてから実際に出発するまでの間には、準備しておかなければならないことが非常にたくさんあります。
書類集めや手続きなど、準備には何かと時間がかかりますので、それらにしっかりと留意しておきましょう。
余裕を持って準備をしておかなければ、出発直前にあわてることとなってしまうかもしれません。
準備には様々なものがありますので、何をしたらよいのかということや、何を優先的に行っていくべきかということの、準備自体のスケジュールを立てておくことをお勧めします。
準備が終わったものからチェックをしていくことで、準備しておくべきことやモノの漏れを防ぐことが出来ますので、しっかりとチェックシートのようなものを作っておくことをお勧めします。
到着後すぐに現地でスムーズに動くことが出来るように、日本にいる間に済ませておくことが出来ることは、やっておくようにしましょう。
例えば準備するものにはどのようなものがあるでしょうか。
出発の3か月前くらいまでには、パスポートの申請や航空券の準備、ビザの申請、お金の管理などを済ませておきましょう。
一か月前には、保険に加入したり、海外で使用可能な携帯電話の用意をしたり、パソコン環境を整えたりしましょう。
また、荷づくりに関してもこのくらいからやっておくことで余裕を持って行動できるでしょう。
また、海外留学をする際には必要なものがたくさんありますので、持っていくもののチェックリストを作って、確認していきましょう。
"

更新履歴